メッセージ

元 国家公安委員会 委員長河野 太郎

写真

 将来を担う子供たちは、社会の希望であり、未来の力です。人口減少社会に突入した我が国において、安心して子供を産み育てることのできる環境を築いていくことは、政府にとって最も重要なテーマの一つです。

 子供を産み育てることは、ご家族にとって大変な努力を要するものであり、社会全体でこれを支えるという意識を共有し、子供や妊婦の皆さんを温かく見守る社会を実現していかなければならないと考えております。

 「ひまわりの会」の皆様が、全国でマタニティマークの自動車用ステッカー配布に取り組まれていることは、妊婦さんと赤ちゃんの交通安全への配慮を社会全体に呼びかける素晴らしい取組だと思います。

 警察におきましても、通学路の安全対策を始め子供の交通事故を防ぐための対策を進めるとともに、チャイルドシートの正しい使用や妊婦さんのシートベルトの正しい着用方法等についての広報啓発、妊婦さんなどが優先的に駐車できる駐車スペースの確保を図る制度の運用など、交通事故の被害から子供や妊婦の皆さんを守るための取組を積極的に行っております。

 今後とも、国家公安委員会委員長として、子供たちや妊婦さんが安全に安心して暮らせる社会を実現できるよう、より一層努力してまいります。

他のメッセージを読む

メッセージTOPへ